Happy Tabbyの活動

任意団体HappyTabbyは、人も猫も笑顔で共生する社会の実現のために、様々な活動を行っています。

●猫の避妊去勢手術の推進(啓発活動・不妊手術助成)

●人と人、人と猫をつなぐ(勉強会・セミナー・コミュニティールーム・猫の交流カフェ・譲渡会)

●子供達へ命の教育(こども命の教室・絵本プロジェクト)

●猫の避妊去勢手術の推進

猫の過剰繁殖にまつわるトラブルに対応するには、避妊去勢手術しかありません。しかし、経済的な理由で手術が進まず、問題解決に至らないケースが多くみられます。そこでHappy Tabbyでは基金を作り、隣接するHappy Tabby Clinicで無料で不妊手術が受けられるチケットの発行を企画しています。

他、不妊手術を啓発するための資料づくりと配布やセミナーを積極的に行っています。


●人と人、人と猫をつなぐ。

保護猫と気軽に触れ合えるコミュニティールーム、Happy Tabby Roomを運営しています。

そこでは勉強会・セミナー・相談会など、人と人をつなぐ様々なイベントを開催しています。

また、ルームにいる保護猫と気軽にふれあっていただき、保護猫を身近に感じていただいたり、猫との暮らしを体験していただける、人と猫とのコミュニティー作りも目指しています。

もちろん、ルームの猫さんの里親になることもできます。(※里親さんになっていただくためには一定の条件があります。)また、人と猫の出会いの場、保護猫の譲渡会も開催しています。

また、毎週火曜日に開催している「猫の交流カフェ」では専門のアドバイザーが猫にまつわるご相談を聞かせていただいています。猫の飼育放棄や多頭飼育問題などは、相談する方がおれば予防できる問題だと考えています。そうしたお悩みの声を、一人でも多く拾いたいと考えています。

もちろん、気軽に猫友達を作りたい、という目的でも参加していただけます。

●子供達への命の教育

子供達が将来、動物をすてたり虐待するような大人にならないことを願い、子供たちへ命の尊さ・動物達を取り巻く問題と現実、そして動物達を助ける方法を伝える「こども命の教室」を行っています。

また、子供達へ野良猫の生きる過酷な現実と、野良猫を助ける人の物語「お母さんのらねこのお話」絵本を作成しました。

2019年5月 ボーイスカウト羽曳野第一団での命の教室

絵本:お母さんのらねこのおはなし

大阪府の小中学校への寄贈プロジェクト

2019年8月

近鉄八尾リノアス内みせるばやおでの命の教室